2018.11.08 Thursday

ブドウでドレッシング!

0

    ブドウでドレッシング、と書くとえぇっ!?

     

    といわれそうですが。

     

    干しぶどう、つまりレーズンは甘いので

    お砂糖の代わりに使えるのです。

     

    薬膳講座の中で血を作るには

     

    「レーズンを食べるといいですよ」

     

    とお話させていただくと、

    かなりの方は

     

     

    という反応です。

     

    イタリアには古くから

    "Buon vino fa buon sangue"

    (良いワインは良い血をつくる)

    ということわざがあるそうです。

     

     

    以前、このブログでも

    養血ドレッシングとしてご紹介しています。

    <2013.11.29の記事はこちら>

     

    この時には、レーズンを水で戻していますが

    いまは戻さずに作っています。

     

    薬膳:養血類

      葡萄
    【性味】   平/甘,酸

    【帰経】   脾, 肺,腎

    【働き】   補気養血安胎,強壮筋骨,利尿消腫, 解表透疹


    2018.10.02 Tuesday

    キンモクセイがあちらこちら。

    0

      薬膳「キンモクセイ」

       

      少し離れているところにいても

      よい香りがしてきますs。

       

      「キンモクセイ」

      薬膳では「桂花(けいか)」といいます。

       

      お茶などに使用する場合は、つぼみのうちに収穫します。

       

        桂花
      【性味】   温/辛,甘

      【帰経】   心,脾, 肝,胃

      【働き】   温中散寒,化痰止咳,芳香除臭


      2018.09.23 Sunday

      北海道からの。。。

      0

        毎年、新米が出回るころに

        届きます。

         

        ん?

        今年はちょっと早いような気がする。

        昨年は不漁でしたが、今年はどうかな?

         

        10日ほど前に、網入れしたと聞いていましたが。

         

        薬膳(鮭)

        大きいです。

        リモコンを置いて対比させてみました。

        重さは 3.5kgありました。

         

        薬膳(鮭)

         一年に一度、鮭をおろす日。

         頭も骨も全て捨てるところナシ!

         

         

        内臓を温め、冷えの症状を改善するといわれている鮭。

         

        母には「よく飽きないわね」と言われながら

        子供のころはくる日もくる日も

        「鮭の塩焼き」食べていました。

         

        どれだけ冷えていたのでしょうね(笑)

         

         

         

          
        【性味】   温/甘

        【帰経】   脾, 胃

        【働き】   健脾温胃和中,補益気血


        2018.09.01 Saturday

        西瓜♪ すいか♪

        0

          今年の暑い夏に救いを求めたもの!

           

          それは

           

              西瓜 すいか スイカ

           

          薬膳西瓜

           

          毎日、毎日 食べていました。

           

          だからといって、大量に食べるわけではなく

           

          外から帰ってきて

          のどカラカラ〜

           

          ひときれ、ふたきれ。

           

          家の中で掃除して

          のどか乾いた〜

           

          ひときれ、ふたきれ

           

          お風呂上りに

          冷たいものが飲みたい〜

           

          ひときれ、ふたきれ

           

          そんな調子で、

          1玉が1/8カットが売っているスイカも

          食べきるのに2〜3日。

           

          いっぺんに食べることも

          もちろん可能。

           

          だけど、目的は

          ノドの渇きを止めること

           

          お茶を飲んでも

          ジュースを飲んでも

          ノドの渇きがとまらないのに

           

          スイカを

          ひときれ、ふたきれ

           

          カラダもスーッと熱が引き

          ノドも潤う

           

           

          そんなことをして過ごしたこの夏は、

           

          「スイカを食べると、ノドの渇きがとまるんだよね」

           

          そんなことを、先日ポロッと夫が言う。

           

          そうでしょう! 

          そうでしょ〜とも!

           

          体感すると忘れにくいですからね〜。

           

           

          そろそろ終わりにしたいですね。

           

          スイカを食べる気温を過ごすのも(笑)

           

           西瓜
          【性味】   寒/甘

          【帰経】   心, 胃, 膀胱
          【働き】   清熱解暑,除煩止渇,利尿

           


          2018.08.29 Wednesday

          がんばる! 落花生

          0

             

            異常な暑さつの今年。

             

            5月に芽をだした落花生は

            まったく成長せぬまま

            夏を迎え

             

            地中深くから ひょっこり と

            となりに7月末に芽をだし、

            たった2週間で追い抜かれました。

             

             

            薬膳落花生2W
             5月から頑張っている         7月末に発芽、2週間後

             

            8月のお盆が過ぎ、少し暑さが和らいだと思ったら

            スクスク!

             

            薬膳落花生
                             この成長っぷり!
            5月に発芽したものは、頑張っている! ケド ほんの少しの成長にとどまる

             

            そして

            なんと!なんと!

             


            薬膳落花生

            花も咲きました!!

             

            さて、この後

            落花生はできるのでしょうか?

             

             

             

             

             落花生
            【性味】   甘/平

            【帰経】   肺, 脾
            【働き】   補欠止血,補脾潤肺・和胃醒脾


            2018.06.25 Monday

            ハマナスの花

            0

               

              いまの季節、 自生しているハマナスの花がいっせいに咲いています。
              薬膳マイカイカ
              ここはアイヌの人が暮らしていた地域でもあり、 冬の寒さ厳しく野菜も収穫できない環境下でビタミン不足にならな かったのは、このハマナスを冬期間、 朝晩にお茶として飲んでいたからだ、ということがわかり、 最近注目を浴びはじめています。 

               

              ハマナスの花

               

              それはバラ科に属し、バラ茶としても販売されています。

               

              薬膳では
              「マイカイカ」

               

              香りよいお茶なので
              氣の巡りをよくしてくれます。

               

               

              薬膳マイカイカ
              ほんの少し自然のおすそ分けをしていただきました。

               

              気持ちを晴れやかにしたいときに
              是非どうぞ。

               

              玫瑰花(まいかいか)
              【性味】   甘, 微苦/温

              【帰経】   肝,脾
              【働き】   疎肝解鬱、活血止痛


              2018.06.11 Monday

              豆板醤つくり...つづき

              0

                豆板醤

                    ↑            ↑

                 昨日作ったモノ      4年前に作ったモノ

                 

                4年経つとこんなにも熟成された色になります♪

                 

                 

                分量についてお問い合わせがありましたので

                コチラに↓↓↓

                 

                ※ 材料 ※

                 

                 

                空豆(さや付き) 500g

                 

                 *豆だけでは200g

                麹        80g

                韓国産唐辛子

                (粉)      10g

                (粗挽き)    10g

                塩        40g

                 

                200ccのビン 2本分出来ました。

                 

                そんなに辛くないバージョン。

                 

                辛くしたい場合は、

                麹少なめ、

                粉唐辛子多めにします。

                 

                粗挽き唐辛子は辛みより香り重視です。

                粉唐辛子だけでも、もちろんOKです。

                 

                空豆は蒸す、または茹でます。

                なめらかな仕上がり希望の方は、しっかりと潰します。

                 

                食感を楽しみたい方は、豆のつぶつぶ感を残す感じで。

                 

                唐辛子を投入してから混ぜるときには

                必ず 手袋 をしてくださいね。

                ヒリヒリと後でエラいことになりますよ!

                 

                 

                常温では半年。

                1年のゆっくり熟成は冷蔵庫で。

                 

                冷蔵庫に入れておくと、すっかり忘れてしまいますケド。

                思い出した時にイイ感じに出来上がっている(笑)


                2018.06.10 Sunday

                今年の豆板醤つくり

                0

                  4年前に作った豆板醤が一年後にはなくなりそうなので

                  今年は仕込みました。

                   

                  市販のものと違い、辛さを自分で調整できるのが良いですね。

                   

                  そんなに辛くは作ってはいなくても、

                  そうそう無くなりはしない(笑)

                   

                   

                   

                  豆板醤

                  生の空豆を蒸かして、フードプロセッサーで潰します。

                   

                   

                  豆板醤

                  麹と塩をまぜて、塩切り麹にしておきます。

                   

                   

                  豆板醤

                  そこに、

                  辛み担当 韓国産唐辛子の粉と

                  香り担当 韓国産唐辛子の粗挽き

                  を加えよく混ぜ

                  *手袋は必須!

                   素手で混ぜてはいけません!!

                   

                   

                  豆板醤

                  潰した空豆を投入。

                   

                   

                  豆板醤

                  よく混ぜる。

                   

                   

                  豆板醤

                  容器につめて、

                  常温で半年

                  冷蔵庫だと1年。

                   

                  2か月目から

                  「そらまめ味噌」

                  として食べられるそうですが

                  忘れたころに出来るというアバウトさがいい(笑)

                   

                  どんな感じに仕上がるか

                  一年後が楽しみです♪

                   


                  2018.04.05 Thursday

                  完成゜.:。+゜ こうじ納豆゜.:。+゜

                  0

                     

                    初めて作った時に、

                     

                    『麹 + みりん』 

                     

                    というのに納得できないな~と。

                    (2年前の記事はこちら ⇒  )

                     

                    麹は発酵すると甘くなる。

                     

                    なのに何故「みりん?」と。

                     

                    それならば、

                     

                    ひらめき醤油麹を作ってしっかり甘味をだすと

                     

                    みりんは不要ではないはてな

                     

                    人参も火を通すのも、すぐ食べるにはその方が効率がいい。

                    (他にも理由があると思うけど)

                     

                    今回はゆっくり、ゆったりつくるので

                     

                    人参を塩をまぶして、しばし放置。

                     

                    甘味がでたところですべて合体!

                     

                    それだけで美味しい よだれ

                     

                    ジャジャーン!

                     

                    か・ん・せ・い♪

                     

                    こうじ納豆キラほし

                     

                     

                    一日置いたので、

                     

                    昆布からの旨味も出ているハート

                     

                     

                    うま~い!

                     

                    自画自賛

                     

                    納豆も 麹も あまり好きではない家のものも

                     

                    これは「おいしい」というハート

                     

                     

                    きらきら納豆多めで作りましたきらきら

                     

                    納豆   6パック(45g×6)
                    米麹   200g
                    醤油   200ml
                    水    100ml
                    人参   150g
                    刻み昆布 10g
                    白ごま  20g


                    1.醤油と水、麹をあわせて醤油麹をつくっておく

                    2.千切りにした人参に塩をひとつまみまぶし混ぜ、汗をかくまで放置

                    3.昆布は細く切っておく
                    4.1と2と3、白ごま、納豆をいれよく混ぜる

                     

                    翌日から食べられます。

                    私は常温で一日置きました。

                     

                    醤油麹があれば、すぐにでも作れるということです。

                     

                    ごはんに、揚げに、お野菜に

                    何にトッピングして美味しいですよだれ
                     


                    2018.03.30 Friday

                    まぜ、まぜ。。。

                    0

                      昆布、人参、白ごま。。。。

                       

                      人参を調味液を沸かして

                       

                      そこに投入するレシピが多いのです。

                       

                      が、

                       

                      人参に火を通さなくてもいいんじゃない?

                       

                      漬物を仕込むとき、火を通さないですよね。

                       

                       

                       

                      人参のせん切りに一つまみの塩をまぶして、

                       

                      しばし置くと、人参は甘くなります。

                       

                      今回はゆっくり、ゆったり作る作戦なので

                       

                      ここでも甘味を引き出す。

                       

                       

                       

                       

                      そして、すべてを投入↓↓↓

                       

                       

                       

                      納豆たくさん♪

                      出来上がりは、明日キラほし

                      | 1/5PAGES | >>